カジノ合法化に関する100の質問

日本で数少ないカジノ専門家、木曽崇によるオピニオンブログ

カテゴリ: カジノビジネス

恐らく他にも同じような疑問を持っている人が沢山居るのだろうなと思い、本エントリを書きます。以下のような質問を、ここ数週間のうちに複数のクライアント様から立て続けに投げかけられました。


「日本のカジノには莫大な収益が約束されている」という言説があるのだが、これに対してどのように思うか?


それぞれの質問者によってディテール部分は違うのですが、大筋としてはこのような質問です。そして、私のこの問いに対する答えは「一定の売上額が約束されているという意味では正解。但し、そこに一定の収益性が約束されているワケではありません。」です。

我が国で現在検討が行われているカジノの導入形式というのは、非常に限られた数の免許だけを発行する数量限定制となっています。これは、事業者に対して一定の「寡占状態」を約束するものであり、そういう意味では、国内のどこにどんな形式の開発を行ったとしても、一定の売上は約束されていると言ってよいでしょう。(もちろん立地要件と、寡占状況によってその規模は変わります)

但し、これとその事業の「収益性」とは全く別の話で、そこで想定される収益規模をはるかに超えてしまう過剰な投資、もしくは非生産的な営業を行ってしまえば、当然そこから得られる利益はマイナスになってしまう可能性もあるわけで、そこに収益性(=売上高利益率)が約束されているワケではありません。

市場圏内のライセンス数もしくは施設数に上限を設けず、市場競争の中で企業間の競争を促進するようなカジノ導入モデルは米国ネバダ州やマカオで見られるものです。しかし近年のカジノ導入モデルではこの種の導入の在り方というのはあまりなくて、多くの国や地域が域内のライセンス数や施設数に上限を設ける方式を採用しています。

ただ、これは「そこに競争がない」ということを意味するものではありません。市場内の一定の寡占状態が約束されているという事は、当然ながらそれを好材料としてそこに参入をしようとする業者の数が増えるということ。限られた数のライセンスにそれ以上の希望者が集まる事となれば、必然的にそこには入札が行われることとなるわけですが、そこで免許を巡る入札競争が起こります。すなわち、免許数を制限するということは市場競争をさせるのではなく、参入を巡って入札競争をさせるという行政による選択なのであって、民間事業者側は当然としてそこで競争をしなければならないということです。

実は、先日登壇したセミナーで、これと類似した説明をしています。当該セミナー資料そのものが、既に公開情報となっているので、その時使った図をここに転載します。

名称未設定
出所:IRに関する道民セミナー

そして、この種の入札競争は必然的に事業の収益性を低減させます。例えば、事業者が投下資本規模でそのライセンスの獲得を巡って争えば、当然ながらその投資に対する回収率(いわゆるROI)が下がってゆくことになる。また、そこで行政の好むような公益性のあるような施設含んだ企画競争をするのならば、不採算部門が増え、運営コストを膨らませることによって、当然ながら営業利益率を圧迫する。

各事業者は、その市場に存在する需要とそこで想定される事業予測に基づいて開発企画や投資規模を決定&提案し、ギリギリのラインでその内容の優劣を争う行うワケで、競争が激しくなればなるほど、必然的にその事業の収益性は下がってゆくことになります。言い換えるのならばこの種の限定された数のライセンスを巡る入札というのは、1)不確実な将来予測に対する精度と、2)その「不確実性」に対してどれだけのリスクを負えるか、を争う競争であるとも言えます。もっといえばカジノ入札に強い業者というのは、その辺りの能力に長けているとも言えるでしょう。

一方で、この説明をもって「日本のカジノには莫大な収益が約束されている」という一種の売り文句は必ずしもその事業の収益性を約束するものではないという事はご理解頂けるものと思います。そして、その「収益が約束されている」ことをもって、一足飛びで「だから儲かる→貴方もやるべき」みたいな結論に繋げる人が居るのだとすれば、言説としては「ギャンブルは胴元が必ず儲かる」という主張をする者とレベルが変わらないモノであって、正直、この産業の「あり方」をあまり正しくご理解頂いてないのではないかなと思います。

以下は、それに関連する記事です。ちょっと古いエントリですが、こちらも合わせてご参照頂ければ幸いです。


【参考】「ギャンブルは胴元が必ず儲かるようにできている…」論について
http://blog.livedoor.jp/takashikiso_casino/archives/2649067.html

カジノ経営、カジノビジネスをこれから論じるにあたって、最初に必要となるのが「カジノ」という用語の定義を確定することである。人々が「カジノ」という用語を使うとき、一般的にはそこには狭義と広義の2つの意味が存在する。続きを読む

カジノの歴史を語る時、社会学者ならば「カジノは中世ヨーロッパにその端を発し、長い歴史を持つ文化的遊びである」などという前口上から、その講釈をスタートするのだろう。もしくは、「ギャンブルは人類最古のビジネスとも言われ…」と、古代文明の遺跡から発掘された様々なギャンブル機器の説明をするのかもしれない。しかし、そのようなカジノ(もしくはギャンブル)の長い歴史を他所に、実は近代的なカジノ経営がこの世に生まれたのは他の産業と比べて非常に遅く、ほんのここ数十年の事である。
続きを読む


「カジノビジネス」に関連するコンテンツは、カジノ業界でビジネスを行なうにあたってお役立て頂ける各種情報をお届けする記事カテゴリであり、弊社と中長期のご契約を頂いているクライアント様向けの専用コンテンツとなります。各記事にアクセスを頂くには、弊社が各クライアント様向けに発行するユーザー名およびパスワードの入力が必要となります。

本コンテンツは、弊社と中長期でご契約を頂いているお客様へのサービスを目的として、個別の契約内容とは別に無償で提供しているものです。よって、最善の努力は行ないますが、記事の更新頻度やその品質に関して保証するものではない事をご了承下さい。

また、大変申し訳ありませんが、現在のところ本コンテンツを閲覧する事のみを目的としたご契約(いわゆる有料購読契約)は申し受けておりません。あくまで顧問契約など弊社との個別契約に付帯した、サービス的な情報提供であるという事でご了承下さい。

その他、各種お問合せは以下のアドレスまで。
takashikiso@gmail.com


↑このページのトップヘ