takashikiso_small


木曽 崇
㈱国際カジノ研究所 所長
㈱エンタテインメントビジネス総合研究所 客員研究員
㈱チアード取締役

学歴/経歴:
University of Nevada,Las Vegasホテル経営学部を卒業(カジノ経営学専攻)。米国ラスベガスFour Queens Hotel & Casinosでの経営研修生(カジノ事業部長および財務部長付き)を経て、カジノ事業者大手Caesars Entertainmentグループに入社。同社系列Flamingo Las Vegas Hotel & Casinoの会計監査部にて内部監査業務を勤めた後、帰国。

2004年、㈱エンタテインメントビジネス総合研究所に入社。主任研究員としてカジノの専門調査チームを立ち上げ、国内外の各種カジノ関連プロジェクトに携わる。2005年より早稲田大学アミューズメント総合研究所カジノ産業研究会研究員として一部出向、同研究所で国内カジノ市場の予測プログラム「W-Kシミュレータ」を共同開発。2011年より国際カジノ研究所を開設、所長に就任。一般社団法人日本ゲーミング協会代表理事。

コンサルタントとしては、オペレータ、メーカーから金融機関まで、外資・内資を問わず多数のカジノ関連クライアントを抱える。各種連絡はtakashikiso@gmail.comまで。

【役職】
Global Gaming Expo Aisa2014 アドバイザリーボード委員

【執筆・連載等】
●単著
日本版カジノのすべて-しくみ、経済効果からビジネス、統合型リゾートまで(日本実業出版社)
「夜遊び」の経済学 世界が注目する「ナイトタイムエコノミー」 (光文社新書)
●共著
踊ってはいけない国で踊り続けるために 風営法問題と社会の変え方(河出書房新書/誌上対談)
これからの地域再生(晶文社)
●コラム連載等
週刊 アミューズメントジャパン 「カジノ研究者の視点」
月刊 麻雀界 「賭博と遊技の狭間で カジノと風営法を巡る論争」
季刊 展示会とMICE コラム「カジノとIRとMICEと日本」(連載終了)
Yahoo!ニュース 「木曽崇の日本カジノ白書」
日経ビジネス電子版 「マジメに考える夜の経済成長戦略」
産経デジタル「iRONNA」
アカデミックジャーナリズム「SYNODOS」
●その他、寄稿、講演、メディア出演等は多数