以下のような報道がbloombergからなされました。以下転載。



ラスベガス・サンズ、米国のカジノ資産売却を検討-関係者
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-27/QITZQYDWX2PV01

資産家シェルドン・アデルソン氏率いる世界最大のカジノ運営会社、米ラスベガス・サンズはラスベガスにあるカジノの売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。売却が実現すればアデルソン氏は米カジノ業界から当面は撤退することになる。

協議が非公開として匿名を条件に語った関係者によると、同社はアドバイザーと協力して「ベネチアンリゾートラスベガス」、「パラッツォ」、「サンズ・エクスポ・コンベンションセンター」への関心を探っており、これらの物件の売却代金は合計で60億ドル(約6300億円)以上となる可能性がある。


なんだか非常に誤解を呼びそうな邦訳記事なので一応解説をしておきますが、あくまでサンズ社が売却協議を行っているのは「米国内に保有している」資産であるとのこと。逆に、彼らがアジア(シンガポール&マカオ)に保有している資産は売却協議の対象となっていないので、それら売却がもし成立した場合はアジアオペレーションに注力する形となる可能性があります。

一方で、もう一点「読み解き」が必要なのが今回、論議の対象となっているのがあくまで不動産の売却なのか、事業も含めた売却なのかが不明な点。事業売却であった場合には、サンズ社は文字通り米国市場から撤退ということになるのでしょうが、不動産売却であった場合にはオペレーション企業としてサンズ社が既存施設を引き続き運営する形式になる可能性があるということ。これは、昨年10月にライバル企業のMGM社が行ったいわゆるリースバック方式と呼ばれる施設売却方式であり、所有権だけを他者に委譲した上で自社による施設運営を維持しながらキャッシュを手にする手法です。以下当時の報道から転載。


MGM、カジノのベラージオをブラックストーンに売却へ-4600億円

米カジノ運営会社MGMリゾーツ・インターナショナルは、ラスベガスのカジノリゾート、ベラージオを投資会社ブラックストーン・グループに42億5000万ドル(約4600億円)で売却することで合意した。MGMはリース契約の下でベラージオの運営を継続する。


ご時世的に各企業は手元にキャッシュを欲しい時期であるのは事実ですし、こういう協議が始まること自体は全く不思議ではないですし、個人的には米国事業そのものを完全売却するって話はないんじゃないかなあ、と思っておるところ。リースバック方式での協議が進んでるのを、Blooblergが勇み足で「米国市場撤退か?」みたいに報じてるだけじゃない?と思っています。

いずれにせよ、当該売却協議はまだ初期段階が始まっただけとのことで、確定したものではない事を前提に宜しくお願いしたい所であります。とりいそぎ、変な解釈が広がりそうな気配がしたので解説でした。